Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 17日

不明プシス開花! びっくりのオマケつき

もう来るなと思っていた不明プシスが昨晩咲きました。この種類は今年初めての花ですが、同時に三株、盛大に開花しました。

先ずは昨晩撮った二枚です。

a0176140_20362595.jpg

けっこう大きく、花弁の直径は10cmを優に超えます。家人に言わせると仄かな香りがするそうですが、鼻が詰まっているのか鈍感なのか私には良く分かりません(w)。

a0176140_2036322.jpg

裏側から。この株は四つが同時に開きました。右側の蕾も今日明日中に開くと思います。

a0176140_20365714.jpg

今朝の様子です。三株で八輪が咲き誇っています。置いてあるのは、先日紹介したビニールトンネルです。

a0176140_2037283.jpg

いかにも花粉が欲しそうな様子ですが、この不明プシスは恐らく同一の個体からのカキ仔と思われますから、交配しても結実はしないだろうと思います。
花が終われば旺盛に仔を吹いて来ますから、それをカキ取ってプシス台に利用しています。遺伝子の更新ということでは実生が良いのでしょうが、この方が早道なんです。

a0176140_20373124.jpg

これは数日前の様子。蕾が頭を擡げてくると見ようによってはちょっとグロい感じですね(w)。

ここで話題はサボを離れて……。
昨夕、次男坊が「フクロウが窓の外にいる!」と部屋に駆け込んできました。慌てて見に行くと……。

a0176140_20374339.jpg

いました! 2階の彼の部屋の窓と室外機に間にフクロウがチョコンと立って(坐って?)おりました。飛び始めたところの幼鳥なんでしょうか? どうやらあやまって窓にぶつかってしまったようです。次男坊いわく、「ドンと音がして、外を見たらおった」。
外見からは怪我はしていないようでしたが、脳震盪を起こしたのか1mほどに近づいても、時折目をパチクリするだけでほとんど動きません。突然の珍客にこちらも目をパチクリです。
野鳥に詳しい獣医さんに連絡すると、「親が探しに来るから近づかずにそっとしておくように」とのこと。その通り、しばらくすると親の泣き声がし始めて、数時間後にはフクロウの姿は消えていました。大したことなく元気に成長できるといいのですが……。
[PR]

by aihal_polyhedron | 2012-05-17 21:08 | Cactus


<< エビ、コピ、etc 5月のサボ花 4      白檀、小町、etc 5月のサボ... >>