Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 22日

ぺちゃんこ・しわしわ、そして難物たち(13/2/22)

今日は天気予報が外れ、朝から陽の射す良い天気でした。陽気に誘われ、冬の間、断水していたいくつかのサボにも水やりを……。ところが夕方から、荒れて来て雪が降り出しています。週末には強い寒気が南下してくるそうですが、最後の寒気になって欲しいものです。

a0176140_23194910.jpg

Echinocereus triglochidiatus SB300。和名「篝火」です。一昨年の6月に蒔いたもの。完全断水でしっかりと縮んでいます。何度も零下の寒さに晒されましたが今のところまったく問題なし。

a0176140_2320458.jpg

Echinocereus pulchellus "aguerrei"。上と同じ時期に蒔きました。ずんぐりタイプのエキノケレウス。ピンクの大輪を咲かせるようです。皺が寄って土に潜る傾向が見えます。これも寒さに強い。

a0176140_23201548.jpg

Escobaria missouriensis SB205。-25℃に耐えるグループもあると言われるミズーリエンシス。これは一昨年5月に蒔きました。やはり、しっかり縮んで、へばりつくように土に潜っています。

a0176140_23202760.jpg

Gymnocalycium baldianum。「緋花玉」です。こちらは一昨年8月末に蒔いていて、成長は順調なようです。かなり平べったく縮んでいますが、シワシワというところまでは行ってません。うまくいけば春には花が見られるかも知れません。

ここからは、去年の6月末に蒔いた難物たちの様子です。冬の間、完全に断水していましたが、今日初めてお湿りを与えています。

a0176140_23204387.jpg

Sclerocactus nyensis SB1456。ちょっぴり茶棘を上げて休眠中。

a0176140_2320565.jpg

Sclerocactus polyancistrus SB1588。「白虹山」です。体の割に長い棘を伸ばしています。

a0176140_2321941.jpg

Pediocactus despainii SB1014。小さい割にけっこうしっかりしているように見えますが……。

a0176140_23212594.jpg

Pediocactus knowltonii SB304。他の難物たち同様に11月から一滴の水も与えていませんが、それほど縮んだ感じもありません。ま、縮みようがないほどまだ小さいのですが(w)。

a0176140_23213877.jpg

Echinomastus dasyacanthus SB1709。「英丸」です。縮んだせいで棘が密になったように見えます。

これら難物たち、3月からの短い成長期にどれほどの伸びしろを見せてくれるでしょうか?


にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-02-22 23:23 | サボテン実生


<< 植え替え事始め 綾波・難物et...      白翁玉、開花!etc(13/2... >>