Polyhedron

aihal11.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Cactus( 210 )


2013年 05月 19日

プシス一番花、エビ花、そして花笠(13/5/19)

今日は朝から雲が多く、昼前からは雨になりました。日差しがないので、今日咲くサボ花などないと思ってフレームの蓋を開けると……。

a0176140_20394773.jpg

ジャーン! プシス系の先頭を切って、大豪丸(Echinopsis subdenudata)が見事に満開です。フレーム内にほんのりと甘い匂いが漂います。

a0176140_20395483.jpg

ほぼ純白のこの花、サボ花というにはあまりに繊細な感じです。

a0176140_2040360.jpg

ただし、この甘い香り、あまり長く嗅いでいたいとは思えません。好き好きでしょうが(w)。

続いてはエビサボ・ベルクマニィ(Echinocereus fitchi v berckmanii)。

a0176140_2041624.jpg

先ずは咲き始めの頃の写真です。お天気が悪く完全には開いていません。

a0176140_2041207.jpg

この蕾もエビの特徴の棘で武装していますね。

a0176140_20413055.jpg

二日ほど経った姿です。かなり開きましたが、花びらの先が縮れてきました。

a0176140_20413946.jpg

盛りを過ぎつつあるのか、横から見ても縮れが目立ちます。でもやっぱり、日差しの下にある方が花の美しさは引き立ちますね。

a0176140_20414732.jpg

真上から見ると、イソギンチャクか食虫花のよう。妖しすぎます(w)。


最後は再登場の花笠です。

a0176140_2041558.jpg

花笠丸(Weingartia neocumingii)は、すでに四月末に花笠姿を見せてくれていましたが、二度目の開花で小花笠となりました。

a0176140_2042681.jpg

澄み切ったイエローの美しさに魅せられて再アップしました。一度目の群開では34個の花殻を数えました。まだ蕾も少しあるので、今年の開花はトータル40個を軽く超えそうです。

去年はことごとく失敗した実生苗のキリンウチワ接ぎでしたが、今年はどうやら活着したようです。接いだ後、室内フレームに入れたのが、湿度や温度、光の強さなどの面で良かったようです。味を占めて、室内フレーム内で台木を養成中!

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-05-19 20:44 | Cactus
2013年 05月 18日

小さな花と白檀その後(13/5/18)

おそらく今がほとんどのサボたちにとって一番いい季節なんでしょうね。花を咲かせ新棘を伸ばし……。でも、どうにもご機嫌の悪いものもいたりして……。
サボ花はずいぶんと目立ちたがりのものが多いのですが、中には「えっ、咲いたの?」というくらい控えめというか目立たないものも。

a0176140_22221336.jpg

Escobaria minima SB423「紫王子」の花は、花自体が小さいと言うよりも、「こんな小さな体で咲くの?」という意味で目立ちません(w)。二年前に播いて、なかなか育たなくて、そうなると注目度が落ちてさらにお気の毒なことになっていました。それを春のお彼岸頃に植え替えたのですが……。

a0176140_2222274.jpg

球体の径は今でも10mmあるかないかなんですが、何か頭にポチッと出て来たなと思っていたら……。あらら、ぽっかりと花が咲きました。自生地ではさらに目立たないと思いますが、花が咲くとどんな感じなんでしょうね。

a0176140_2222298.jpg

Escobaria sneedii v. leeiの花も小さなものですが、こちらは株が群生し、花も同時にたくさん咲きます。

a0176140_22221977.jpg

引いて見るとこんな感じ。二年前の春にやって来たサボですが、いつの間にか仔ぶきしてけっこう見栄えがするようになりました。上のミニマも仔ぶき種のようですから期待していますが、成長は格段に遅いようです。

a0176140_2223033.jpg

ご覧のようにChamaecereus silvestrii「白檀」がほぼ満開状態になりました。他に花のないビニールトンネルの中でひとり強烈に自己主張しています。

a0176140_22224952.jpg

この花色は写真で表現しにくいですね。特にデジカメだと簡単に色が飽和してしまうようです。撮影時に済度を少し下げた方が良いかも知れませんね。

a0176140_22231669.jpg

メデューサ状態なので、植え替えるのも大変。ポロポロと芋虫状の茎が取れてしまいます。丈夫過ぎるほど丈夫なサボですが、取れた茎はなかなか発根してくれません。根が付いているものなら、即根付いてじゃんじゃん殖えるのですが……。

再来週から半月間の出張です。去年もそうでしたが、この間に咲きそうな蕾たちが今上がって来ています。見られない花がたくさん出そうでちょっぴり心残りです。留守中は次男坊に世話をお願いすることに……。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-05-18 22:24 | Cactus
2013年 05月 14日

来た-! 白檀の季節(13/5/14)

昨日ほどではないですが暑かったですね、今日も。さて、いよいよ来ました!

a0176140_22442531.jpg

おおっ、妖しい影、これは……。

a0176140_22442118.jpg

ジャーン! 白檀(Chamaecereus silvestrii)の季節、到来です! 春先に植え替えのタイミングを逃して、そのままだったのですが、豪快に爆開です(w)。ちなみにこちらが去年の姿。

a0176140_22444283.jpg

鉢に入りきれず垂れ下がって来ました。

a0176140_22444021.jpg

サボの姿は絡まり合った芋虫みたいなものですが、朱赤の花は色濃くて刺激的です。

a0176140_22451810.jpg

近づいて見ても綺麗ですが、ここはやはりパワー溢れる群開の様を愛でるべきか?

a0176140_22451594.jpg

まだまだ蕾がいっぱいあるので、繰り返し巻き返し楽しませてくれそうです。

a0176140_2245365.jpg

住処のビニールトンネルに鎮座ましましている御様子。駄もの中の駄ものというサボですが、それでもこんなに美しい!

白檀、昔はご近所でもあちらこちらでお目にかかりましたが最近はさっぱり見かけません。寒さにも暑さにもバカ強ですから、再び軒下の定番としてカムバックさせられないものでしょうか(ww)。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-05-14 22:46 | Cactus
2013年 05月 09日

スルコ & レブチア etc.(13/5/9)

今年も田植えがほぼ終わったようです。兼業農家が多いこちらでは、ゴールデンウィークに家族総出で田植えを済ますというのが恒例でしたが、若い人たちが農作業に関わらなくなるなど、このところはかなり変化が出て来ているようです。このままだと10年後には耕作放棄地が激増するのではないかと危惧されますね。

a0176140_22311755.jpg

蕾、プチプチです(w)。去年、サボ友さんからいただいたパープレクサ(Rebutia perplexa)。鉢一杯、蕾一杯です!

a0176140_22312323.jpg

で、数日前に咲き始めました。緑の肌に澄んだピンクが美しい!

a0176140_22313388.jpg

今日は花盛りを迎えました。まだまだ蕾があるので、しばらくは楽しめます。

a0176140_22313982.jpg

こちらは近縁属のスルコレブチア・ミズクエンシス(Sulcorebutia mizquensis)。球体の割に蕾が大きいですね。

a0176140_22315013.jpg

咲くと花も大きい! 球体がほとんど隠れてしまいます。

a0176140_22315669.jpg

他のスルコの例に漏れず、この花も花びらのグラデュエーションが素敵です。

a0176140_2232650.jpg

最後はアグエレイ(Echinocereus pulchellus "aguerrei")。二年前の6月に播いた実生苗です。一個だけ早熟だったのか一つだけ花を着けました。こんなに小さくても咲くのですね。でも後はダンマリ(ww)。

難物など暑さに弱いものをビニールトンネルへ移しました。夜も昼も前後のビニールはまくってあるので、真昼でも最高35℃以上には上がりません。これで留守の時に寝坊されてもいちおうは安心です(ww)。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-05-09 22:32 | Cactus
2013年 05月 04日

エビ咲き!(13/5/4)

ゴールデンウィークも後半というのに、この寒さは何でしょうかね? サボたちに関しては特に心配はしていませんが、農作物については今後影響が出てくるのでは……。

うちでもようやくエビさんたちが咲き始めました!

a0176140_2241226.jpg

ローマ蝦(Echinocereus octacanthus)。今年も真っ赤な花を咲かせてくれました。

a0176140_22405372.jpg

花びらはけっこう厚ぼったい感じです。

a0176140_22413866.jpg

面白いことに、開く前からベロを出すように雌蘂を覗かせています(w)。

a0176140_22411021.jpg

レイチェンバッキーの変種のアルビスピナス(Echinocereus reichenbachii var. albispinus)も爆開です。

a0176140_22415562.jpg

上がっていた15ほどの蕾が一斉に開花しましたが、二日間留守の間に開き始めたらしく、ちょっと盛りを過ぎてしまったようです。

a0176140_22412778.jpg

こちらの花びらは薄い感じでよじれています。

a0176140_2243349.jpg

ベルクマニィ(Echinocereus fitchi v berckmanii)も開花まであと少し。エビサボは蕾にもけっこうな棘があります。蕾が上がってから咲くまでにかなり日にちがかかるので、その間に食害に遭わないための武装なのかも知れません。気をつけないと、花殻を取る時にチクリとやられます(ww)。

留守中の昨日、次男坊が寝坊して蓋を空かし忘れたフレームの温度が急上昇。目に見えた被害はないようですがちょっと心配なものも。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-05-04 22:44 | Cactus
2013年 04月 25日

咲いた、咲いた!(13/4/25)

咲いた、咲いた、咲きました。昨日の雨と打って変わって好天に恵まれた今日、待ちかねたサボがようやく完全に開花しました。

a0176140_18591317.jpg

月の童子(Toumeya papyracantha)。2011年5月末に播種して、もう直ぐ丸二年。生き残っている5本のうち1本が初めての花を見せてくれました。

a0176140_18584744.jpg

初めて実生した北米難物の一つですが、諸先輩方の栽培法をブログやWebで盗ませてもらって何とかここまでこぎ着けることが出来ました。梅雨から酷暑の間、側面開放のフレーム(棚?)で水切りして過ごさせたのが良かったようです。ただ、春・秋にはけっこう水をやったので割と成長が早かったのかも知れません。

a0176140_18592949.jpg

小さな体に似つかわない大きさの花ですが、ひっそりした感じにそこはかとない風情があるような(w)。他の4本は生育不足で今年は咲きそうにありませんが、この1本だけでも十分満足! 成長するにつれて気むずかしくなるようですから、あまり調子に乗らず水を辛めに育てることにします。

a0176140_185938.jpg

花笠が完成です! 花笠丸(Weingartia neocumingii)が去年同様に見事な花笠を見せてくれています。

a0176140_18594886.jpg

上から見ると球体がほとんど隠れてしまうほどの群開です。育てやすく花着きも良い素敵なサボですねワインガルチアは。他の種も播いてみたくなりました。

a0176140_1859213.jpg

十日前にご紹介した月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)が群開を始めています。根腐れして哀れな姿になっていたのが嘘のよう。サボの生命力のしたたかさを感じさせてくれます。

a0176140_190936.jpg

このサボ、拗れると鈎棘がポロポロと簡単に落ちてしまうのですが今は元気いっぱい!

a0176140_18594327.jpg

同じ群開でも、こちらはずいぶん清楚な感じの香花丸(Dolichothele baumii)。少し前から散発的に咲いていましたが、時が来たのか群開を迎えました。

a0176140_1902828.jpg

仔ふきする球体も、緑と白棘のコントラストが美しく、花も綺麗でお薦めのサボです。

a0176140_190342.jpg

サボ友さんからいただいたカンディアナ(Sulcorebutia candiae)も、この春二度目の開花は賑やかな群開となりました。スルコレブチアの花色は、白・黄・ピンク・濃赤紫とバラエティー浩ですが、このオレンジはとっても素敵! 色んな花色が見たくて、近縁種のレブチアと一緒に実生していますが、こちらは成長がなかなかに遅いようです。

せっかくの好天を生かして、灌水に植え込み・抜き上げと仕事の合間を縫ってサボ世話三昧です。おかげで腰が重い(ww)。蕾の膨らんでいるもの、初開花を見せてくれそうなものもあって、毎日わくわくしながらフレームを覗いています(www)。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-04-25 19:02 | Cactus
2013年 04月 22日

しばらく待っててね(13/4/22)

今朝家を出て明日の夕方まで出張。出掛け際にフレームを覗くと。

a0176140_23404083.jpg

完全に花笠になってはいませんが……。花笠丸(Weingartia neocumingii)です。

a0176140_2340497.jpg

レモンイエローの花色が目に鮮やか!

a0176140_23411741.jpg

反対側にはまだ蕾が。全部咲けば本当の花笠が現れますが、もうしばらく時間がかかりそう。

a0176140_23412417.jpg

今シーズン見たい花のナンバーワンですが、帰ったらもう萎れていたりして……。月の童子(Toumeya papyracantha)。

15日播種の室内実生、遅速ありますが発芽が始まっています。北米・南米種半々で蒔いています。先に蒔いたものも含め、幼苗用のフレームが必要になりそうです。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-04-22 23:42 | Cactus
2013年 04月 18日

今日の花 Vol.8(13/4/18)

空を薄く覆った雲から時折、陽が射す穏やかな天気でしたが、夕方からは久しぶりの雨になりました。フレームの遮光を行ったので日焼けについては一安心。見た目よりけっこう遮光率が高いのか、温度も40℃まで達せず良い具合のようです。

a0176140_2120250.jpg

宇宙殿(Echinocereus knippelianus)、一気に群開です。

a0176140_21201463.jpg

球体は地味ですが、それに似合わぬど派手な花!

a0176140_21201761.jpg

雌蘂が緑色のものが多いようですが、この株はクリーム色に近い感じです。

a0176140_21203159.jpg

こちらは同じピンク花でも、慎ましい感じの精巧丸(Pelecyphora aselliformis)です。今年も小さな仔たちをふき始めています。花よりもこっちの方がうれしい感じです。

a0176140_21203393.jpg

今年は仔たちにも蕾が現れて来ました。宇宙殿のようなど派手群開とはいきませんが、どんな感じに咲くのでしょうか?

a0176140_21204973.jpg

菊水(Strombocactus disciformis)も咲き始めました。小さな体に蕾をたくさん上げ、連続して咲いていく様子は健気というか、「無理するな」と声を掛けたくなります。

a0176140_21205277.jpg

2010年末に実生した鸞鳳玉(Astrophytum myriostigma)、4/1の記事で紹介したプシス接ぎは去年の7月に初開花しましたが、自根のものは一年弱遅れて初開花を迎えました。深く切れ込んだ花弁がメタリックに輝きます。

a0176140_2121677.jpg

二花同時に開きましたが、うまく折り合いを付けてどちらも綺麗に開きました(w)。これは五稜のタイプ。四稜のものも蕾が上がっていますが、まだしばらくかかりそうです。

三日前に29種の実生を開始しました。植え替えが追いつかず、植え替えればスペースが追いつかずという自転車操業なのに困ったものです(ww)。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-04-18 21:22 | Cactus
2013年 04月 15日

今日の花 Vol.7(13/4/15)

本日の第二弾です。エスコバリア3種とツルビニカルプスです。

a0176140_23313083.jpg

ミズーリエンシス(Escobaria missouriensis SB205)。実生二年足らずでの初開花です。育ち具合は大小違うのですが、ほとんどの株に蕾が出ているところをみると花着きはいいようですね。

a0176140_23313976.jpg

球体は疣サボテン=マミラリアに似た感じがしますが、花はエスコバリアに共通する地味でも気品を感じるものです。

a0176140_2331491.jpg

寄せ植えが次々と咲いてくれるのを見るのは実生の醍醐味ですね。

a0176140_23315938.jpg

同時期に播いたダシアカンサ(Escobaria dasyacantha SB968)も咲き始めました。こちらはガラス質の細棘がまさにエスコバリアという感じです。

a0176140_2332925.jpg

花はミズーリエンシスよりかなり色が濃いのですが、やはりエスコバリアに共通の花姿ですね。

a0176140_23321830.jpg

春霞(Escobaria emskoetteriana muehlbaueriana)。こちらは成球を求めたもの。小型種ですが、ずいぶん仔ふきして年々見応えのある姿になってくれるようです。

a0176140_23322754.jpg

花も典型的なエスコバリア。この渋い感じ好きですね。

a0176140_23323839.jpg

最後は長城丸(Turbinicarpus pseudomacrochele)。ツルビニカルプスの中では大きめの花だと思いますが、これが実に美しい。球体はほとんど大きくなりませんが、思い出したように咲いてフレームの一隅を明るく照らしてくれるようです。

a0176140_23324844.jpg

花弁のグラデュエーションといい、雌蘂・雄蘂のたたずまいといい、端正そのもの。お気に入りのサボ花です。

善は急げで今日、次男坊に手伝ってもらいフレームに遮光を施しました。35~40%遮光というものを使いましたが、見た目には20%ほどしか遮光出来ないように見えます。ものによっては二重に掛ける必要があるかも知れませんね。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-04-15 23:34 | Cactus
2013年 04月 15日

今日の花 Vol.6(13/4/15)

午後半ばに曇り始めたものの、朝から暖かく春らしい陽気。フレームの中ではサボたちが次々と花を咲かせ、写真を撮るのも大忙し。
というわけで、今日は二回に分けてのご紹介です。

a0176140_23271921.jpg

蕾をパンパンに膨らませていた宇宙殿(Echinocereus knippelianus)が咲き始めました。いやぁー華やかです。

a0176140_23272620.jpg

蕾がたくさん上がってますが、おそらく短い期間に次々と咲いてくれるでしょう。他のエビたちはまだもう少しかかりそう。

a0176140_23273616.jpg

胴切りで群生した月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)もご覧の通り。数え切れないほど蕾を上げていますから、当分の間咲き続けてくれるでしょう。

a0176140_23274471.jpg

前にも書きましたが、このブカレンシスは年暮れから咲き続けているので、ついつい存在を忘れがち(w)。でも今日見やると、緑の肌に白い綿毛、そしてピンクの花のコントラストが綺麗なこと。どうやら今の時期が花の盛りのようです。

a0176140_23275480.jpg

目立つ花ではありませんが、こうして近寄ってみるとなかなかに可愛いじゃありませんか。

a0176140_232838.jpg

猩猩丸(Mammillaria flava)も寒い最中から咲き出す花期の永井サボですが、花冠がぐるっと繋がるのはやはり暖かくなってからのようです。

a0176140_23281295.jpg

下から上へと咲いていきますが、まだもう一回り分、蕾が覗いています。

a0176140_23282042.jpg

帝冠(Obregonia denegrii)は綿毛の中からいきなり花を開くのでいつも驚かされます。去年は7月に入ってようやく咲いたのですが、秋の植え替えが効いたのか、今年は去年に比べてずいぶん早い開花となりました。ただ、この帝冠、どうも栽培のコツがつかめません。少し遮光が弱いと赤紫に変色して縮こまりがちです。

にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
[PR]

by aihal_polyhedron | 2013-04-15 23:30 | Cactus